2010年01月25日

<大阪出資法違反>女相場師に懲役3年求刑 2月15日判決(毎日新聞)

 株投資などで高配当を約束し、多額の資金を集めたとして、出資法違反(預かり金の禁止)罪に問われた大阪府泉佐野市、無職、岩田矩子(ともこ)被告(55)の公判が21日、大阪地裁(出口博章裁判官)であった。検察側は「出資者の信用を裏切り悪質」として懲役3年、罰金200万円を求刑した。弁護側は情状酌量を求め、結審した。判決は2月15日。

 起訴状によると、岩田被告は07年4月〜09年1月、元本保証と配当支払いを約束して26人から投資を募り、約2億3750万円を預かったとされる。

援助隊医療チームが現地へ=ハイチ地震、日赤社長も−成田(時事通信)
耐震補強予定ない、65.5%=理由「お金かかる」が半数−内閣府調査(時事通信)
小沢氏が首相と対応協議(時事通信)
国土面積増加幅、平成で最小=1年で東京ドーム63個分−地理院(時事通信)
<フォルクスワーゲン>2車種リコール 燃料漏れの恐れ(毎日新聞)
posted by サワノ ノリオ at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前田日明氏「大仁田になれ」にムッ(スポーツ報知)

 民主党が今夏の参院選で比例代表の新人候補として擁立する元プロレスラー・前田日明氏(50)が19日、月刊誌「サイゾー 3月号」(2月18日発売)の企画で、民主党の藤末健三参院議員(45)と対談した。

 「格闘王」の異名を持つ前田氏と、ボクシングのプロライセンスを持つ藤末議員との“武闘派”同士が熱く語った。

 以前から親交がある藤末議員が、選挙活動について「メディアに露出するのはタダ。大仁田さんのように、有名な人はどんどん出るべき」とアドバイス。01年の参院選でマスコミでの多様なパフォーマンスで当選した、プロレスラーで元参院議員の大仁田厚氏(52)にならった選挙活動を勧めた。前田氏と大仁田氏はかつてともにプロレス界で活躍した同世代の人間だが、前田氏は大仁田氏に好印象を持っていない様子。思わず顔をしかめながらも「選挙費用を安くするため、できるだけ多くメディアに出ていきたい」と前向きに話した。

 前田氏は、半年後に迫る参院選へ「官僚政治の脱却」を強調。公共事業費に多大な資金が投入されている現状に「特別会計で、じゃぶじゃぶ税金が使われてる。政治の世界は、日本に残された、一番最悪なヤクザの世界だ」と、自民党政権時代から続く官僚政治を大批判。また、政界の情報管理を重要視し「日本CIAを作る」など、早くも前田流マニフェストを掲げた。

 政治資金問題に揺れる、民主党の小沢幹事長については「誰に聞いても『あれが問題になるんなら、問題にならない議員はいない』と話す。マスコミは毎日のように報じて、世論誘導している」と語気を強めた。

 【関連記事】
鳩山内閣不支持上回る…通常国会開会もついに「44.1%」
石川容疑者の弁護士、取り調べの全面可視化を要望
橋下知事が来年4月統一地方選へ“橋下グループ”公募
橋下知事“大阪統一グループ”公募へ

<衆院予算委>天皇陛下の公的行為に平野氏「統一見解示す」(毎日新聞)
南青山の食堂店長強殺、無職男に逮捕状(読売新聞)
安保改定50年で鳩山首相談話「同盟深化、年内に成果」(要旨)(産経新聞)
民主議連の緊急提言、「十分検討」―足立政務官(医療介護CBニュース)
自衛官、大麻所持で逮捕=「自分で使用するため」−沖縄県警(時事通信)
posted by サワノ ノリオ at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

35歳で年収300万以下 団塊ジュニアの苦難続き人生(J-CASTニュース)

 「35歳の年収は、10年前より200万円下がった」。2009年12月に発売された書籍『"35歳" を救え』(阪急コミュニケーションズ刊)が示した「現実」だ。低い年収で結婚をためらう男性、住宅ローンが支払えなくなり生活破綻する家庭。大学卒業時に直面した「就職氷河期」以来、団塊ジュニアは苦難の人生が続いている。

  「年収210万 35歳 今は老後が不安でしかたない…」
  「年240かな。もちろん嫁も子供も彼女も無し。来年35歳」
  「社内SE 年収300万 独身 労働時間が長すぎて『生きる』時間がない」

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」には、「35歳・年収300万以下」のユーザーによる嘆きのコメントが並ぶ。「団塊ジュニア」と呼ばれる35歳の人口は、およそ200万人。

■「手取り20万で結婚していいのか」

 『"35歳" を救え』にも掲載されている、総務省などの調査を基にした統計によると、30〜34歳男性の所得分布が平成9年では年収500〜699万円が最も高い割合を示していたが、平成19年ではピークが300〜399万円まで下がった。勤務先の業績不振で年収が100万円以上下がった男性、夫の会社の倒産で収入が激減し、子ども3人を育てながら週5日の深夜アルバイトに出る女性――。『"35歳" を救え』には、悲惨な事例が描かれている。

 ネットの質問サイトにも、不安の声が寄せられている。「発言小町」には、35歳会社員の男性が、「結婚したい気はありますが、安月給で手取りが20〜25万。見合いするにも相手に申し訳ない気持ちになります」と打ち明け、「安月給でも結婚していいのか?」と疑問を投げかけた。出産を控えた29歳女性からは、33歳の夫が契約社員から正社員に昇格したものの、基本給が16万円程度に下がり、不安を募らせた。また、「夫が昇給しない」というトピックスでは、29歳妻は同じ年の夫について、「手取りは18万円、勤続7年で昇給は1度きり。昇進した場合は残業代が出なくなるため、手取りとしては今より給料が減るそうです」と書き込んだ。

 35歳前後の世代は就職氷河期に見舞われ、新卒でも非正規採用が続出した。何とか正社員になった人も、今度は長引く不況で会社の業績が不振に陥り、年収に影響が出てきた。特に最近顕著なのが、ボーナスなど一時金カットによる年収減だ。連合総合生活開発研究所(連合総研)・龍井葉二副所長は、「住宅ローンの返済に一時金を回す人が多い。ところが、一時金カットで支払いの当てがなくなり、何とか返済を続けようと高金利のお金に手を出した挙句に自己破産、というケースも出ています」と話す。

■「とにかく今の仕事を手放すな、としか今は言えません」

 それでも、仕事があるうちはまだマシと言えそうだ。最近は一度仕事を失うと、正社員はもちろん派遣社員としても勤め先が見つからない。派遣ユニオンの関根秀一郎書記長は、「30代半ばの男性で、日雇い派遣。最近は仕事がほとんど入らなくなり、ほぼ無収入になっている例があります」という。非正規労働者の再就職支援機関として2009年2月に設立された東京キャリアアップハローワークに聞くと、数値的な統計がないため「年収300万以下」がどこまで一般的になったかは分からないとしながらも「派遣社員など非正規労働者が増える中で、平均賃金も下がっているだろう」と話した。

 失業、再就職先が見つからない、生活が成り立たない――。関根氏のもとへ寄せられる相談は1日10件ほどで、増える傾向にある。「仕事に就いている人は、とにかく今の仕事を手放すな、としか今は言えません」と、関根氏はため息をつく。

 連合総研が2009年10月に発表した「勤労者短観」によると、1年前と比べて収入が減ったと答えた正社員は全体の37.1%だが、30代正社員に限ると男性は44.3%、女性は45.8%に上がる。「運よく」正社員でい続けても、現状のままでは一時金だけでなく、給与「本体」も減らされる正社員が増えるだろうと、前述の連合総研・龍井副所長は指摘する。「ボーナスカットされた正社員が、ローン苦から食費や教育費まで切り詰めるなど、限界がきています。今のままでは自己防衛できません。一刻も早く政府が有効な対策を打つしか方法がないでしょう」と話している。


■関連記事
アニメーター年収100万 業界は全員「極貧」か : 2009/09/07
結婚相手の年収は高い方がいい やはり女性は「カネ」が大事? : 2009/04/24
年収100万円台も珍しくない 非常勤講師「使い捨て」の悲惨 /(連載「大学崩壊」第5回/首都圏大学非常勤講師組合の松村比奈子委員長に聞く) : 2009/05/06
女性のミタメネンレイ 夜は「5歳増し」 : 2010/01/05
「カッコいい会社」から「カッコいい生き方」へ : 2010/01/12

「改正著作権法」周知キャンペーン 大賞決まる(産経新聞)
小沢氏続投を批判=山口公明代表(時事通信)
<ハイチ大地震>医療援助で160人に派遣命令 北沢防衛相(毎日新聞)
ゆるキャラ 香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)
まもなく引退!「500系のぞみ」ラストラン・ツアー登場(産経新聞)
posted by サワノ ノリオ at 14:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。