2010年02月01日

自民党 政治資金問題で決定打を欠き「戦う野党」見えず(毎日新聞)

 与野党対決の舞台とみられた通常国会で、自民党は序盤から攻めあぐねている。25日は民主、公明両党との間で2月中の党首討論と衆院予算委員会での集中審議開催で合意したことを理由に、09年度第2次補正予算案の衆院通過をあっさり認めた。昨年の臨時国会で審議拒否と復帰を繰り返した失態がトラウマとして残るうえ、鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長の政治資金問題でも決定打を欠き、「戦う野党」の姿はなお見えてこない。

 自民党は26日からの参院予算委で舛添要一前厚生労働相、林芳正政審会長ら論客を立てる。補正予算の衆院通過に抵抗しなかったのは今夏の参院選をにらみ、同党参院議員に見せ場を提供する配慮も働いたようだ。

 ただ、参院側でも首相を追い込めないようだと失速感は一段と高まる。先の臨時国会ではいったん民主党が約束した党首討論が結局開かれなかった経緯があり、今回も与野党合意の実現に懐疑的な見方がくすぶる。

 自民党が求める小沢氏の参考人招致には民主党が強く抵抗。実現させる手立ては今のところなく、世論の小沢氏批判の高まりを期待するしかない。大島理森幹事長は25日の記者会見で「幹事長なのだから(小沢氏が)与党国対関係者に(自身の招致を行うよう)指示すればいい」と皮肉ったが、結局は「与党頼み」の構図だ。

 公明党が補正予算案に賛成するなど野党の対応が分かれる中、自民党が突出して強硬姿勢をとれない事情もある。同党幹部は「まだ早過ぎる。対決の場面はこれから何度もある」と忍耐を強調している。【木下訓明】

【関連ニュース】
陸山会土地購入:小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い
小沢幹事長:聴取4時間半 「包み隠さず説明した」と会見
小沢幹事長:虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布
小沢幹事長:地検が事情聴取開始 土地購入原資など説明か
小沢幹事長:聴取に「検察は説明を」…民主の細野副幹事長

独特の色彩、初の「“画家”忌野清志郎」個展始まる(産経新聞)
橋下知事が「神戸空港は失策」(産経新聞)
【中医協】アクトスなど市場拡大再算定品目が決定(医療介護CBニュース)
元厚労局長、村木被告は無罪主張 郵便不正初公判(産経新聞)
「息子の人生返せ」=遺族、被告に変わらぬ怒り−対話求める被害者も・秋葉原事件(時事通信)
posted by サワノ ノリオ at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読む+遊ぶ+使う=売れる ムック本「付録」進化中 たいやき・遺言書…(産経新聞)

 ムック(雑誌型単行本)の付録が“進化”し続けている。バッグやポーチなどブランドグッズの付録の人気を受け、最近では調理キットの子供向け玩具「親子のたいやきくんお楽しみBOOK」(宝島社)や遺言書の付いた「遺言書特別パッケージ」(ダイヤモンド社)まで発売。出版物の推定販売額が21年ぶりに2兆円を割り込むなど、出版業界に吹き荒れる不況を跳ね返そうと新しい方向性を探る動きが活発化している。(田野陽子)

 ◆2万部を突破

 大阪・梅田の紀伊国屋書店のショーウインドーには、「親子のたいやきくんお楽しみBOOK」がずらりと並ぶ。もちろん店内では出入り口のすぐ近くに置かれ、ベストセラーに匹敵する扱いだ。

 この本はA4判で専用ボックスには、タカラトミーが監修したたいやきの型が収納され、市販のホットケーキミックスを型に注いで電子レンジで加熱するだけで簡単に焼き上がる。レシピも掲載。たいやきのほか、「いちごショート風」などのバリエーション、「カレー風」「ツナマヨ」といったおかずへの転用のアイデアも掲載した。昨年12月に発売され、全国の書店からの申し込み数は2万部を突破した。

 同店では「反応は上々。たいやきくんは子供や若いお母さんだけでなく、祖父母からのプレゼントとしても手応えがある」と説明する。

 ◆中高年も照準 

 今月13日には「遺言書特別パッケージ」も発売され、50歳代以上の男女を中心に早くも注目を集めている。週刊ダイヤモンドの責任編集で、書き込み式の遺言書シートや財産リストなど誰でも遺言書がすぐに作れるキットが、雑誌に付録として付く。キットには長期保存用の台紙や封印のある封筒などもセットされている。

 韓国のアイドルユニット「東方神起」の輸入版写真集を独自に調達して付録にしたもの(完売済み)や、手ぬぐいや家紋シールなどを付けた「RYOMA GRAPHICS〜坂本龍馬と生きた幕末の100人」なども相次いで出され、価格も大半が2千円前後と手ごろ。

 ◆書店活性化に 

 書籍・雑誌の販売総額が下降線をたどる出版不況で老舗雑誌の休刊や、書店の廃業が相次ぐなか、これまで若い女性に人気だったブランドムックがさらに進化を続け、多様化、大型化している。取り次ぎ大手のトーハン(東京都新宿区)が出版社と共同で企画段階から販売までを一貫してプロデュースする「業界初の販売モデル」で書店のマージンも高く設定。通常の雑誌の場合、20%強だが40〜50%と設定しているため、書店も販売に力が入る。

 出版科学研究所(東京都新宿区)の佐々木利春・主任研究員は「今や付録付きムックは書店や出版社にとっても『お客さんを呼べる』魅力的な商品であるという認識が強くなっている。書店の活性化にもつながる」と話している。

【関連記事】
ネットで全文無料公開の本「フリー」好調 有料版移行で収益 自身の理論“証明”
出版物の推定販売額、2兆円割れが確定
価格の70%を著者らに配分 米アマゾン、電子書籍で
雑誌100タイトル配信 不況打開へ実験サイト開設
電子書籍、iPhoneで読めます モリサワが携帯向け閲覧ソフト

県警「ノーコメント」繰り返す=鳥取不審死(時事通信)
<訃報>夏夕介さん59歳=俳優(毎日新聞)
<菜の花>菜の花満開で一足早い春 神奈川県二宮町で(毎日新聞)
重野幹事長の続投決定=国対委員長は先送り−社民党大会(時事通信)
<小沢幹事長>「職責を全うしたい」 続投で政権に逆風も(毎日新聞)
posted by サワノ ノリオ at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。