2010年02月02日

冬のボーナス、12%減=減少率最大−厚労省調査(時事通信)

 厚生労働省は29日、主要企業(資本金10億円以上、従業員1000人以上)の2009年末一時金の調査結果を発表した。妥結額を把握できた323社の加重平均は72万6933円。このうち、前年と比較可能な277社の前年比は12.64%減。減少率は02年の5.88%を更新、現在の調査方式になった1980年以降で過去最大になった。
 世界的不況の影響でかつてない大幅な減少になったことで、今後は個人消費の低迷などを通じてデフレに拍車が掛かる懸念が強まりそうだ。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕「魔法のつえ」ない=白川日銀総裁
〔写真ニュース〕デフレ克服、日銀と一体で=菅財務相
デフレ克服、日銀と一体で=新成長戦略で経済成長
施政方針演説要旨
施政方針演説全文

潔白証明へ頑張る=小沢氏(時事通信)
「レジ袋」のごみ袋使用禁止 静岡浜松市が4月から開始(J-CASTニュース)
爆窃団、仙台の盗品も所持…捜査員香港へ(読売新聞)
鳥取不審死 上田容疑者 家電購入直後に転売 水死男性、頻繁に督促(産経新聞)
空自の次期輸送機試作機、岐阜基地で初飛行(読売新聞)
posted by サワノ ノリオ at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「作品に大きな啓発力」=故平山郁夫さんのお別れの会(時事通信)

 昨年12月に79歳で亡くなった日本画家、平山郁夫さんの「お別れの会」が2日、東京都港区のホテルで開かれた。シルクロードなどを題材に平和への祈りを込めた作品を制作し、国際的な文化財の保護活動にも尽力した平山さんらしく、美術界や政財界から約2000人が参列した。
 祭壇には、シルクロードをテーマにした作品を基に描かれた2枚のびょうぶが据えられ、弔辞を読んだ日本美術院の松尾敏男理事長は「先生はシルクロードという言葉を画壇のみならず社会に定着させ、人々がその原点や流れを考えるきっかけをつくった。絵画がこのように大きな啓発力を持ったことはかつてなかった。病室でも、わき上がる構想を下絵にしていた」と故人をしのんだ。 

国交省、JR東海に警告書 新幹線輸送障害(レスポンス)
「楽観できない」 失業率改善について鳩山首相(産経新聞)
新潟水俣病訴訟、和解協議へ=国側と話し合う意向−患者団体(時事通信)
次官から局長へ降格可能…内閣人事局方針(読売新聞)
仏様を守れ!「清水の舞台」からも放水(読売新聞)
posted by サワノ ノリオ at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。